隅田川沿いを歩きつつ

歩きながら考えたことや感じたこと

PythonAPIでMeshをCube状に積み上げる

BlenderPython APIを勉強中です。

今回は、Mesh(Sphere)をCube状に積み上げてみました。

Generative Design系では、よく使うものなのでやってみました。

今回は、マテリアルはなしでシンプルにしてみました。

↓コードはこちら

import bpy

for m in bpy.data.meshes:
    bpy.data.meshes.remove(m)

# Objectの幅
s = 0.45

for i in range(5): # X軸
    for j in range(5): # Y軸
        for k in range(5): # Z軸
            bpy.ops.mesh.primitive_uv_sphere_add(
                scale=(s, s, s), location=(i, j, k))

まず、Meshを削除します。

for m in bpy.data.meshes:
    bpy.data.meshes.remove(m)

次に、X軸・Y軸・Z軸にCubeを5つずつ並べるための座標を設定します。

for i in range(5): # X軸
    for j in range(5): # Y軸
        for k in range(5): # Z軸
            bpy.ops.mesh.primitive_uv_sphere_add(

最後に、X軸・Y軸・Z軸に並べたCubeのlocationを設定します。

bpy.ops.mesh.primitive_uv_sphere_add(
    scale=(s, s, s), location=(i, j, k))

オブジェクトの数が増えれば増えるほど、Pythonで設定したほうが楽になりますね。

BlenderユーザーのためのPython入門

BlenderユーザーのためのPython入門

  • 作者:大西武
  • シーアンドアール研究所
Amazon